メイン料理とイタリアンワインを楽しめるバル「Italian Bar UNO(ウーノ)」

ボリューム満点のメイン料理が人気

札幌で「バル」といえば前菜数品とパスタをいただくというスタイルが一般的だが、東京では現在メイン料理を食べることを軸にしたバルが増えてきている。その流れを受け、札幌でもメイン料理を食べる店を展開したいという店主の思いの元、2014年4月にオープンした。

人気メニューは「黒毛和牛のサーロインステーキ」。上質な黒毛和牛200gを、驚きの1,980円でいただけるという肉好きにはたまらないメニューだ。仕入れを工夫し、この価格で提供出来るようにしているのだとか。黒毛和牛を置いているところは肉専門店以外では珍しく、肉好きには堪らないメニューだ。

その他「新冠産黒朱白(こくしゅはく)豚の自家製サルシッチャ(ソーセージ)」、「鴨肉とフォアグラのステーキ」もよくオーダーされるメニューとのこと。
もちろん前菜やデザートといったメイン以外の料理も多数取り揃え。使用する食材はすべてこだわりを持って仕入れており、素材の質の高さを生かした料理はどれも絶品だ。
定番メニューの他「本日のおすすめ」も提供しており、季節の料理などが楽しめる。

イタリアワインが豊富

ワインは店主のこだわりでイタリア産のみを取り扱っている。イタリアワインはコストパフォーマンスが高く、種類も豊富のため、様々な味を飲み比べ、楽しむことが出来る。様々な銘柄を試し、気に入ったものを仕入れている。その日にしかない銘柄も多くあるとのこと。
オーダーの際、ワインについて詳しく教えてくれるので、好きな味を見つけるのには最適。知識を得ていただくことによって、ワインをより一層楽しめるのがUNOの魅力の一つだ。

ワイン以外にも、ビールやカクテル各種(材料の状況による)も提供している。その中でも「琥珀ヱビス 樽生」という珍しいビールは、北海道での提供しているのはUNOが第一号店という、他ではそうそういただけないビールだ。その名の通り琥珀色をしており、まろやかな口当たり、ちょっと贅沢な味わい、カラメルの風味が楽しめる。

メイン料理を中心に、イタリアワインをいただきながら食事を楽しめる店「Italian Bar UNO」。新しいバルの楽しみ方を、是非一度体感してみては。

マップ

主なメニュー

フード

黒毛和牛のサーロインステーキ 200g 1,980円
活オマール海老のロースト 1尾まるごと 2,400円
新冠産!黒朱白豚の自家製サルシッチャ(ソーセージ) 900円
天然真鯛のアクアパッツァ 1,980円
自家製スモーク盛り合わせ 650円
※本日のオススメあり

コース

2時間飲み放題付きコース前菜盛り合わせ
本日のおすすめ料理
エビのアヒージョ
和牛のサーロインステーキ
デザート
4,500円

ドリンク

ワイン※イタリアワインのみ
※当日しかない銘柄もあるとのこと
グラス500円~
ボトル3,000円~
琥珀エビス樽生 500円
カクテル各種※材料があれば対応可 500~800円
店名 Italian Bar UNO(ウーノ)
住所 札幌市中央区南3条西7丁目 M’Sビルヂング 2F
電話番号 011-206-0516
営業時間 16:00~24:00
定休日 不定休
平均予算 3,500円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、スパークリングワインを1杯サービスいたします。
他券併用不可
Italian Bar UNO(ウーノ)
QRコード

関連記事

  1. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO(アルト)」に行ってみた(贅沢晩餐会編)

  2. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」

  3. 北海道の食べる・飲む!「HOKKAIDO 和食七輪 ひやまる」

  4. レトロで落ち着く店内で、”立ち呑み”を楽しもう「やきとん立ち呑み屋すわ(SuwA!!)」

  5. 2020年4月1日オープン!鈴木徳太郎商店の系列店「中華や徳福」さんのテイクアウトを食べてみた

  6. レストラン ラーブル

  7. Millau(ミヨー)さんに行ってみた。

  8. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

  9. お店でつくった、クラフトビールを。「月と太陽 BREWING」

Translate »