脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.4【じゅわーーーっと、餃子編】




こんにちは!

札幌人が「本当に美味しい!」を紹介するar magazineです。

先日、最新号のフリーペーパーvol.31『餃子特集』が発行されました。

今回も掲載店舗へタレントの脇田唯さんがお邪魔します!


脇田 唯 さん
札幌生まれ、札幌育ちの”お留守番タレント”。
演劇、音楽、ラジオ、イベントMC、モデル・・・など
様々な表現活動を貪欲にしゃかりきに札幌を拠点に道内外で活動中。

    

 

脇田さんの登場も今回で4回目

寒〜い冬の札幌で、体が温まるアツアツのメニューをご紹介します。

 

今回お邪魔するのは
「鮮魚・炭火 くま蔵」さん

南4条西3丁目、「2Mビル」の5階にあるお店。
現在はマツモトキヨシが、以前はケンタッキーが入っていたビルです。


札幌の人ならピンと来ますよね?

→GoogleMapsはこちら

 

エレベーターを登って

お店に到着です。

”酒蔵”をイメージして作られた落ち着いた雰囲気の店内。

旬の食材を使った和食と、本格的な中華を提供する居酒屋さんです。

和食・中華とも専属の料理人が手がけ、食材は道産にこだわっているとのこと。

店主でシェフの工藤俊行さんです。

工藤さんはこの道20年以上のベテラン。
ザ・ウィンザーホテル洞爺で中華の副料理長を務められた経歴をお持ちのスゴ腕シェフなんです。

2007年に行われたサミットでは各国の要人に料理を振る舞ったんだそうですよ。スゴイ!

 

脇田さん:工藤さん、今日はよろしくお願いします!

工藤さん:いらっしゃいませ!よろしくお願いします。今日は当店の人気No.1「自家製焼き餃子」とNo.2の「“激辛”麻婆豆腐」を召し上がっていただこうと思います。

脇田さん:餃子、大好きです!辛いものも好きなので楽しみ〜!

工藤さん:それではさっそく餃子からお持ちしますね。

自家製焼き餃子(6ヶ:700円)が登場。

 

脇田さん:香ばしい香りがたまらないですね!

工藤さん:熱いうちにどうぞ。

脇田さん:いただきます!

脇田さん熱っ!スープが溢れるっ…!

工藤さん:(笑)。ジューシーなのは餡にスープを加えて冷蔵庫で一晩寝かせたものを包んでいるからなんですよ。

脇田さん:そうなんですね!しっかりとした食べごたえで美味しいです!
工藤さん、なんだか皮がとっても香ばしくて甘いんですが…?

工藤さん:はい、実は皮にキャベツが練りこんであるんですよ。

脇田さん:皮にキャベツ!?

工藤さん:キャベツを練りこむことで、焼くと香ばしく、旨味の加わった皮になるんです。

脇田さん:なるほど〜。

工藤さん:ちなみにタレとラー油は自家製です。具は特注の粗挽き肉にニラ、キャベツと白菜ですね。にんにくを使っていないので女性の方も安心して食べていただけますよ。

脇田さん:後の予定がある人もOKですね!

脇田さんビールに合う〜〜〜!

 

今回も早々に一品目を平らげる脇田さん。

 

工藤さん:では続いて麻婆豆腐を…

 

 

麻婆豆腐の調理を始めるとたちまち店内に辛〜い空気が立ちこめます。

 

工藤さん「“激辛”麻婆豆腐(1,300円)」です。

脇田さんグツグツ〜〜!!

工藤さん熱した石鍋に盛り付けて、最後までアツアツで食べていただけますよ(サディスティックな表情で)。

脇田さん望むところです。いただきます!

脇田さん

熱っ!

辛っっ!

うっっっま〜〜〜!

 

工藤さん:ありがとうございます(笑)。餃子と同様に粗挽き肉で、山椒とラー油で辛めに仕上げています。

脇田さん:豆腐がプルプルで飲み物みたいに柔らかいですね?

工藤さん:はい、ちょっと珍しいと思うんですが、「やわら豆腐」という豆腐を使っているんです。

脇田さん:辛いですけど、コクがあっておいしいです。

工藤さん甜麺醤(テンメンジャン)も自家製なんですよ。

脇田さん:そしてこれは、しいたけ?

工藤さん:そうです。麻婆豆腐にしいたけというのも珍しいと思いますが、七飯町の福田農園さんの「王様しいたけ」を具材として使っています。
麻婆豆腐に負けない味と食感で、すごく相性がいいんですよ。

脇田さん:本当に!あわびみたいにコリコリですね。

こちらが王様しいたけ。大きい!これでも中くらいの商品だそうです。

脇田さん:辛いけどクセになる〜。

脇田さん:ビールもグイグイすすんじゃう〜。

 

麻婆豆腐も美味しくいただいた脇田さん。

 

脇田さん:辛かったけど、、おいしかったー!さすがスゴ腕のシェフ、餃子も麻婆豆腐も絶品でした。くま蔵さん、絶対おすすめです!

 

くま蔵さんではおいしい中華と和食を豊富なお酒とともに楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてください!

 

動画では工藤シェフにお料理についてさらに詳しくお話をうかがっています!

 

くま蔵さん、ありがとうございました!

くま蔵さんの店舗情報

店名 鮮魚・炭火 くま蔵
住所 札幌市中央区南4条西3丁目9-1 2Mビル 5F
電話番号 011-281-6600
営業時間 月~土 17:30~24:00
日・祝 17:30~23:00
定休日 不定休
平均予算 5,000~6,000円

↓お店の情報はこちらでも紹介しています。このほかにも美味しいメニューがたくさんあるので、ぜひご覧ください!


 

この記事を書いたひと:サイトウ
サイトの運営・管理担当。旭川出身のしし座のA型。
40代に突入し、アルコールへの耐性が低下しつつも日々取材にはげんでいます。

 

関連記事

  1. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.6【ミヨーでカジュアルフレンチ編】

  2. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【特別編】

  3. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.7【徳福で”町中華”編!】

  4. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【鉄板焼き編】

  5. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.3【極上のマリアージュ編】

  6. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.5【悠龍で小皿中華編】

  1. こだわりの蕎麦や一品料理と、豊富な日本酒を味わえるお店「蕎麦に…

    2021.11.24

  2. 本格江戸前寿司を味わえる「すし六法」に行ってみた。

    2021.11.17

  3. 話題のチーズケーキを食べてみた!

    2021.11.10

  4. 見た目も美しい和食を味わえる店「古今山久(ここんやまひさ)」

    2021.11.09

  5. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »