脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.6【ミヨーでカジュアルフレンチ編】


今回のお店はMillau(ミヨー)さん!

 


こんにちは!

札幌人が「本当に美味しい!」を紹介するar magazineです。

北海道で活躍するタレントの脇田唯さんがar magazineの掲載店へお邪魔して
おいしいメニューをいただく本企画「脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。」

6回目の今回は、カジュアルフレンチ!です。

ar magazineの掲載店舗さんである「Millau(ミヨー)」さんへお邪魔します!


脇田 唯 さん
札幌生まれ、札幌育ちの”お留守番タレント”。
演劇、音楽、ラジオ、イベントMC、モデル・・・など
様々な表現活動を貪欲にしゃかりきに札幌を拠点に道内外で活動中。

    

場所はすすきの、Nグランデビル

場所は南5条西3丁目、Nグランデビルの地下1階です。

GoogleMapsはこちら

階段を降りると入り口が。

きれいな青いドアに「Millau」の文字。

今回はベレー帽で登場の脇田さん。

脇田さん:早速お邪魔します!

店内に入るとカウンターがお出迎え。
カウンターが7席、4名掛けテーブル席が1卓のお店です。

⇨こちらのページでは店内360°の画像を見ることができます。

カウンターや椅子、内装や食器にもこだわりがうかがえ、センスの良さを感じる店内です。

フレンチをカジュアルでスタンダードなものにしたいというオーナーシェフ

「Millau(ミヨー)」のオーナーシェフ、高橋 洋佑(タカハシ ヨウスケ)さんがお店をオープンしたのは2018年。

札幌出身の高橋さんは大学卒業後にフレンチの道を志し、札幌の星付きフランス料理店での修行ののち、東京の人気フレンチ「22 (トゥ・トゥ)」に在籍。
銀座の星付き一流店でシェフとして腕を磨き、札幌で自身のお店をオープンしました。「Millau」をオープンするにあたり、パン店で製パンの技術を学んだりもしたそうです。

オーナーシェフの高橋 洋佑さん。

修行時代、東京ではフレンチが幅広い世代からカジュアルに親しまれていることを実感した高橋さんは、札幌でもフレンチをスタンダードなジャンルにしたいと考え、気軽に利用できるスタイルのお店を作ることを決めたそう。
自身のお店を「ビストロ」や「リストランテ」ではなく「カジュアルフレンチ」と呼ぶのも、そういった思いから。

「Millau(ミヨー)」という店名は、フランスにある世界一(高度が)高い橋『ミヨー橋』が由来で、フレンチと道民をつなぐ架け橋になりたい、という思いが込められているのだそうです。

脇田さん:今日はよろしくお願いします!

高橋さん:よろしくお願いします。

脇田さん:オシャレなお店ですごく楽しみです。店名の由来をお聞きしていて思ったんですが、ミヨー橋の『世界一”高い橋”』って、お名前の「高橋」さんと、かかってます。。?

高橋さん:よく気づきましたね!そうなんです。”高い橋”で、世界一高い橋のミヨー橋がフランスにあるよ、ということを、一緒に働いていたフランス人が教えてくれて、お店の名前にしようと決めたんです。

脇田さん:やっぱり!フランスに世界一高い橋があったなんて、縁を感じますね!

脇田さん:今日はどんなものをいただけますか?

高橋さん:今日はお食事とデザートを用意しました。「鴨のロースト キャラメルナッツのソース」「イチジクのスフレ」です

脇田さん:はしご酒でデザートは初めて!楽しみ〜。よろしくお願いします!

鴨のロースト キャラメルナッツのソース

まずは鴨のローストを作っていただきます。

低温調理で加熱した鴨肉を、フライパンで皮目のみ強火でパリッと焼きます。

そしてそのままフライパンごとオーブンへ!全体をローストし、仕上げます。

キャラメルナッツのソースをあしらって、完成です。

鴨のロースト キャラメルナッツのソース(2,100円)

脇田さん:ローストされたお肉の香りが香ばしい!早速いただきま〜す。

脇田さんわー、お肉がしっとり柔らかい!鴨肉の味がギュッと詰まってますね!

高橋さん:低温調理で味を閉じ込めているので、コク深く仕上がっていると思いますよ

脇田さんキャラメルナッツソースの甘さとほろ苦さがお肉と相性抜群ですね!

高橋さん:そうですね。鴨肉にはしっかりと塩味も効かせているので甘みのあるソースと合いますね。かぼちゃのペーストとも好相性ですよ。

脇田さん:はい。すっごく美味しいです。お酒とも合いそう。ご用意いただいたこちらのワインは?

高橋さん:今日はフランスのブルゴーニュ ピノノワールをご用意しました。
クセのない鴨肉なので、相性良くおいしくいただけると思います。

脇田さん:う〜ん。おっしゃるとおり、お肉の味と赤ワインの果実味がしっかりと感じられますね。幸せ〜♪

高橋さんそういっていただけるとも幸せです(笑)。

脇田さん:ありがとうございます!(笑)

続いてイチジクのスフレ

高橋さん:じゃあ、イチジクのスフレをご用意しますね。
これはワインと一緒に召し上がってもおいしいデザートなんですよ。

脇田さん:ワインといただけるデザート!?初めてかも。。

卵白をメレンゲにするためにマシンで撹拌し

卵黄とイチジクのジャムを合わせて火にかけます。

これをメレンゲと合わせて、

ル・クルーゼのココット皿に入れて、オーブンへ。

焼くこと10分弱で、完成。

イチジクのスフレ 700円

脇田さんすごいいい香り!そしてプルンプルン!

高橋さん:そうなんです。柔らかいし作り置きはできないものですから、オーダーをいただいてから、普段は20分ほどお時間をいただいて提供しています。

脇田さん:そうなんですね。ひとつひとつ丁寧に焼きあげてもらえるんですね。
ではさっそく、いただきまーす!

脇田さん:すごい!フワッフワ!

脇田さんやさしい甘さでおいしい〜!口の中で一瞬でなくなりますね。このプチプチの食感は?

高橋さんそれがイチジクですね。スフレはチョコレートなどがスタンダードかと思いますが、楽しい食感を出したくて、イチジクのジャムを使ったんです。
白バルサミコ酢を少し加えて、甘酸っぱく仕上げました。

脇田さん:うん、スフレの甘さとワインが合いますね〜。おいしかったです!

ワインとともに、デザートも完食した脇田さん。

食事をいただいて

脇田さん2品ともとっても美味しかったです!
お肉とデザートで大満足でした。ありがとうございました!

高橋さん:喜んでいただけてよかったです。当店はワインの他にリキュールやウイスキーなども揃えていますので、ぜひ気軽にお越しください!

脇田さんフレンチが身近になった気がします。ぜひまたお邪魔します!

ミヨーさんには他にも
フォアグラのたまり醤油漬け や
燻製ホタテとカブのタルタル など、
人気のメニューがたくさん

カウンターで高橋さんとお話をしながら、カジュアルにフレンチを楽しんでみてはいかがでしょうか?

また、ミヨーさんではテイクアウトメニューでカレーを提供しています。
テイクアウトメニューの記事はこちらから
こちらのページから注文も可能ですので
ぜひご利用ください!

 

動画では高橋さんにお料理についてさらに詳しくお話をうかがっています!

ミヨーさん、
ありがとうございました!

ミヨーさんの店舗情報

店名 Millau(ミヨー)
住所 札幌市中央区南5条西3丁目1 N・グランデビル B1F
電話番号 011-206-6201
営業時間 18:00~翌2:00(L.O.翌1:00)
定休日 日曜
平均予算 5,000~6,000円

↓お店の情報はこちらでも紹介しています。このほかにも美味しいメニューがたくさんあるので、ぜひご覧ください!


この記事を書いたひと:サイトウ
サイトの運営・管理担当。旭川出身のしし座のA型。
40代に突入し、アルコールへの耐性が低下しつつも日々取材にはげんでいます。

関連記事

  1. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.4【じゅわーーーっと、餃子編】

  2. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【鉄板焼き編】

  3. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【特別編】

  4. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.3【極上のマリアージュ編】

  5. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.5【悠龍で小皿中華編】

  6. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.7【徳福で”町中華”編!】

Translate »