脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.3【極上のマリアージュ編】




こんにちは!

札幌人が「本当に美味しい!」を紹介するar magazineです。

先日、最新号のフリーペーパーvol.32『ワイン特集』が発行されました。

そこで今回も掲載店舗から2店舗へタレントの脇田唯さんがお邪魔します!

今回もおいしいメニューをいただきにお邪魔します!


脇田 唯 さん
札幌生まれ、札幌育ちの”お留守番タレント”。
演劇、音楽、ラジオ、イベントMC、モデル・・・など
様々な表現活動を貪欲にしゃかりきに札幌を拠点に道内外で活動中。

    

今回は「ELSKA(エルスカ)」さんと「ALTO(アルト)」さんにお邪魔します。

おいしいお料理とワインのマリアージュを体験できるとのことで、脇田さんのテンションも上がっています。

まずは一軒目。”文壇ビストロ”の「ELSKA(エルスカ)」さんへ。

1軒目は「ELSKA(エルスカ)」さん。

南3条西6丁目、狸小路の一本南、南三条病院の向かいにあるお店で、と〜ってもおしゃれな佇まいです。

→GoogleMapsはこちら

入り口の看板からすでにおしゃれ!

お店に入ると青を基調とした1階フロア。

2階にはテーブル席。椅子やテーブル、照明のインテリア、メニューの装本に至るまでこだわりが見られます。

「ELSKA(エルスカ)」のコンセプトは「文壇ビストロ」。
1階には本棚があり、店主の大髙さんがセレクトした世界各国の名作や日本の人気作家の作品など、様々なジャンルの本が数多く存在しており、自由に読むことができるんです。

脇田さん:こんにちは。今日はよろしくお願いします!

大髙さん:いらっしゃいませ!宜しくお願いします。本日は「かにとにんじんのテリーヌ」をご用意いたしました。白ワインとあわせてお召し上がりください。

脇田さん:かにですか!楽しみ〜♪

さっそく用意していただきました。

脇田さん:うわあ〜キレイですね〜♪

大髙さん:かにの身と生クリーム、魚のすり身を合わせてテリーヌに仕上げてあります。まわりをくるんでいるのがにんじんで、上に乗っているのはセロリのムースです。

脇田さん:ではさっそくいただきま〜す。

脇田さんフワッフワ!わ〜、かにの風味がしっかりしていますね!にんじんの良い風味が優しく香ってアクセントになっています。食感もふわっとしていて、フレンチらしい優しい味わいです。

脇田さん:かにですからね。白ワインとの相性もぴったりです。おいしい〜!

大髙さん:ありがとうございます。

大髙さん:実はですね。。今日はもう一品ご用意しているんです。

と、奥から運ばれてきたのは。。

。。。クマ!?

。。。なんですか?

大髙さん:こちらは「スモークサーモンとポテトサラダの最中(モナカ)」なんです。

脇田さん:??クマの形のモナカにお料理が入っているってことですか?かわいい〜〜!

大髙さん:かわいい見た目ですが、スモークサーモンも常呂町の鮭を自家製で燻したもので、見た目だけでなく味もしっかり美味しいですよ。手で持って食べちゃってください。

脇田さん:わかりました!では、いただきま〜す。

脇田さん:んっ!これもおいしい!

脇田さん:ポテトサラダとスモークサーモンって合うんですね!意外な発見!これはすぐワインをのみたくなっちゃう味だ〜。

2品をおいしくいただいた脇田さん。
ワインとお食事のマリアージュを堪能しました。

エルスカさんでは本格的なフレンチをカジュアルに楽みながら、ワインをはじめ豊富に取り揃えられたお酒をいただけるので、ぜひ素敵な店主 大髙さんに会いにいってみてはいかがでしょうか?

ELSKA(エルスカ)さんの店舗情報

店名 ELSKA (エルスカ)
住所 札幌市中央区南3条西6丁目3-1
電話番号 011-312-0393
営業時間 ランチ  11:30~13:30(土・日のみ)
ディナー 18:00~翌1:00
※火曜は「漬物、お茶漬け、三鞭酒(シャンパン)」を提供する店として16:00~0:00営業
定休日 火曜
平均予算 ランチ 1,200円/ディナー 3,000~4,000円

↓お店の情報はこちらでも紹介しています。このほかにも美味しいメニューがたくさんあるので、ぜひご覧ください!

続いて二軒目。”ワイン酒場”「ALTO(アルト)」さん。

日が変わって脇田さんは二軒目のお店へ。

次のお店は「ALTO(アルト)」さん。

南5条西5丁目、旭観光ビルの6階です。

→GoogleMapsはこちら

エレベーターを降りるとすぐお店が見えます。

カウンターに多数のワインが並ぶ店内。木を基調とした温かみのある内装で居心地良く過ごせます。カウンターのインテリアなど細部にまでこだわった店内です。

脇田さん:オーナーの大坂さんです。今日はよろしくお願いします!

大坂さん:よろしくお願いします。本日は「ゴルゴンゾーラのクリームソースパスタ」をご用意いたしました。

脇田さん:うわ〜、女子が好きなヤツですね!ではさっそくお願いします!

大坂さん:お待たせしました。こちらです。

脇田さん出た〜!チーズたっぷり〜〜〜絶対おいしいヤツ〜〜〜(笑)

脇田さん:このチーズのにおい。。食欲がビンビンに刺激される。。。。。!

大坂さん:どうぞ召し上がってください(笑)

脇田さん:それではさっそく。。

脇田さん濃厚〜!。すっごい濃厚ですけど、こちらのチーズの濃厚さはどのように?

大坂さん:イタリア産のゴルゴンゾーラチーズとパルミジャーノレッジャーノチーズの2種類を使用して、濃厚さを出しています。パスタも道産小麦の生パスタなんですよ。

脇田さん:なるほど〜。食感もモチモチですね。どこかマイルドにも感じますが?

大坂さん:生クリームと牛乳を使っているんです。

脇田さん:それでこんなにクリーミーに仕上がっているんですね〜。おいしい〜。
仕上げのブラックペッパーがアクセントになって、ワインが飲みたくなりますね〜♪

脇田さん:赤ワインとも合いますね!

大坂さん:こちらの赤ワインはフランス産のピノノワールという品種のぶどうを使ったもので果実味がしっかりとしているので、濃厚かつマイルドなこちらのパスタにピッタリなワインだと思います。

脇田さん:なるほど〜〜。素敵なチョイス、ありがとうございます!まさしくマリアージュですね〜〜〜〜♪

ずっと食べる脇田さん。

大変満足されたようです。

ALTO(アルト)さんはおいしいイタリアンをリーズナブルな価格でいただけるお店。ワインも豊富に取り揃えており、グラスワインも常時15種類以上を500円から楽しめるので、ぜひ通って、お気に入りのメニューを探してみてはいかがでしょうか?

ALTO(アルト)さんの店舗情報

店名 ALTO(アルト)
住所 札幌市中央区南5条西5丁目 第2旭観光ビル 6F
電話番号 011-206-9699
営業時間 18:00~3:00(L.O.2:00)
定休日 日曜
平均予算 2,500~3,500円

↓お店の情報はこちらでも紹介しています。このほかにも美味しいメニューがたくさんあるので、ぜひご覧ください!

取材を終えて

「脇田唯の夕方一杯、はしご酒。」今回の2店舗はいかがでしたか?
フリーペーパー”ar magazine”には、札幌人スタッフが実食して”美味しい!”とジャッジしたお店だけが掲載されていますので、マチで見かけたらぜひ手にとってお店に足を運んでみてくださいね!

脇田さんの活動情報

役者として活動している脇田さんの出演する演劇公演「汚姉妹」が2020年2月から札幌演劇シーズンという演劇祭で上演されますので、ぜひチェックしてください!
(2019年10月時点の情報です)
→公演の詳細はこちら

次回もお楽しみに!

ar magazineでは店舗様からの取材依頼を受け付けています。
取材ご希望の店舗様は

上記QRコードを読み込んで作成されるメールに
「店舗名」と「ご担当者様のお名前」を入力してメールを送信ください。




関連記事

  1. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.4【じゅわーーーっと、餃子編】

  2. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.5【悠龍で小皿中華編】

  3. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【鉄板焼き編】

  4. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.6【ミヨーでカジュアルフレンチ編】

  5. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【特別編】

  6. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.7【徳福で”町中華”編!】

  1. 惜しみない手間から生まれる唯一無二の味わいが堪能できる「中国料…

    2021.10.21

  2. 南平岸エリアの人気ラーメン店「MEN-EIJI HIRAGISHI BASE」に行って…

    2021.10.12

  3. すすきので長く腕をふるう職人の寿司をいただける店「寿司 空海(く…

    2021.09.09

  4. 大通エリアのイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」に行ってみ…

    2021.08.27

  5. 熟練の店主による絶品の揚げたて天ぷらに舌鼓「天麩羅 やぎ」

    2021.05.21

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »