脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【特別編】




札幌でMC・タレントとして活躍する脇田唯さんが札幌のおいしいお店に突撃取材する

「脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。」

第2弾が早くも公開です。

今回は「ステーキ&ワイン いしざき」さんから特別にオファーをいただきました。

 

脇田さん:今回はおいしいお肉が食べられるって聞いたんですけど。

スタッフ:はい。今回はおいしい牛肉を味わっていただこうと思います。

不敵に微笑む脇田さん。

ちなみに脇田さんはこんな方です。


脇田 唯 さん
札幌生まれ、札幌育ちの”お留守番タレント”。
演劇、音楽、ラジオ、イベントMC、モデル・・・など
様々な表現活動を貪欲にしゃかりきに札幌を拠点に道内外で活動中。

    

さっそくいしざきさんに到着。

「ステーキ&ワイン いしざき」さんに到着です。

すすきのは36号線沿いのニュー北星ビルの4階です。
→GoogleMapsはこちら

店内に入ると巨大なワインセラーがお出迎え。

席数はカウンターを含めて54席。

個室は全5部屋で各室に鉄板が備わっており、鉄板の総数は8台とのこと。

すべての席で、目の前での調理を楽しめるのだそうです。贅沢!

代表の石崎さん自ら対応してくださいました。

脇田さん:よろしくおねがいします。今日はどんなメニューをいただけるのでしょうか?

石崎さん:本日は当店オリジナルの「ローストビーフ冷製仕立て」そして「えぞ但馬牛のサーロインステーキ」を召し上がっていただこうと思います。

脇田さん:牛肉づくしですね。贅沢〜!よろしくおねがいします!

石崎さん:ではさっそく。。。

早々に一品目のいしざき特製『ローストビーフ冷製仕立て』が到着。

脇田さん:すごい。。!超レア!

石崎さん:表面をさっとローストした牛肉をスライスして、たまねぎとミョウガを盛り付けています。
つけダレにもにんにく、しょうが、もみじおろし、ネギと薬味をご用意していますので、お好みの味で召し上がってください。

脇田さん:さっそくいただきます!

脇田さん:おいしいぃ〜!一瞬で無くなるくらい口の中でふわぁっととろけますね。みょうがとたまねぎもお肉と合いますね。

石崎さん:召し上がると思わず笑みがこぼれるお客様が多いんですよ。当店自慢のメニューです。初めての方は薬味を順番に楽しまれる場合が多いですが、常連のお客様はご自身の薬味の配合が決まっていている方が多いですね(笑)。

脇田さん:すご〜い。それだけリピーターの多いメニューでもあるんですね。

箸がとまらない脇田さん。

数分で一皿を平らげました。

 

石崎さん:ではお肉を焼かせていただきますね。

脇田さん:いよいよ!

まずは青森県産のにんにく(六片)をオイルとバターでソテーし、油ににんにくの香りを移します。

石崎さん:このガーリックはお肉といっしょにお召し上がりいただきます。

そしていよいよお肉の登場!

石崎さん:このお肉は江別で生産されているえぞ但馬牛のサーロインです。

脇田さん:このお肉は契約農家さんから仕入れていらっしゃるんですよね?

石崎さん:はい。生産されるもののほとんどは道外に出荷されるので、北海道ではあまり流通していない牛ですね。札幌ではほぼうちでしか食べられないものだと思います。

両面を焼き上げて。。。

カットした脂身の上に乗せて

蓋をします。

これでお肉の中まで熱を通すのだそうです。

待つこと数分。。蓋があき、

サイコロ状にカットし、

フランベ!

いい香りがお部屋いっぱいに広がります。

焼き野菜や先ほどのガーリックソテーとともに盛り付けていただきました。

石崎さん:お待たせしました。どうぞお召し上がりください。

脇田さん:お肉の下に敷いてあるのは?

石崎さん:冷たいお皿にお肉を盛り付けるときにできるだけ冷めないように、食パンの上に盛り付けさせていただいています。こちらも後ほどお召し上がりいただけます。

脇田さん:細かな心遣い!

石崎さん:食パンにもこだわっているので、肉汁が染み込んだこのパンを楽しみにされるお客様もいらっしゃるんですよ。

石崎さん:ソースは2種類とお塩をご用意しています。ソースはポン酢ダレ、すりおろしたりんごとゴマが入ったしょうゆダレ、お塩はフランス産のゲランドのお塩です。

脇田さん:こちらもお味を選んで楽しめるんですね!おすすめの順番などありますか?

石崎さん:全ておすすめですが、強いて言うならお塩、ゴマだれ、ポン酢の順番で召し上がっていただくと、違いがわかりやすいのではないかと思います。

脇田さん:ありがとうございます。ではいただきます!

脇田さん美味しいっっ!脂があっさりとしていて、お肉の旨味が口に広がります!肉汁に溺れそうな。。。ソースにもとても合いますね!

石崎さん:そうですね。お肉がやはり新鮮なので、邪魔をしないシンプルな味付けのソースに仕上げています。

脇田さん:たまりません。。

石崎さん:通常はお肉も2〜3回程度に分けて調理して、常に温かい状態で召し上がっていただくんですよ。

脇田さん:目の前で調理してくれる鉄板焼きならではのサービスですね!

こちらもガンガン食べ進める脇田さん。

お肉の下に敷いてあるパンに肉汁が染み込んでいるの、わかりますか?

そしてこちらは先ほど蓋をした際にお肉の下に敷いていた脂身。

脂を少し絞って、香ばしく仕上げてもやしのソテーと一緒に提供していただきました。

脇田さん:脂身があっさりして美味しい!

先ほどのパンを再度焼いて提供していただきました。

こちらも美味しくいただきました。

すべてを平らげた脇田さん。

脇田さん:日本に生まれて良かった!

と謎のコメント(笑)。

石崎さん:当店では「えぞ但馬牛」をはじめ、「富良野和牛」や「洞爺湖和牛」など、質の高い優秀な牛を仕入れ通年提供しております。お肉に合うワインもリーズナブルなものから高級なものまで常時1,000本以上ご用意しておりますので、必ずお客様に満足していただけると思います。ぜひお客様のお越しをお待ちしております。

すばらしいお肉を目の前でて今日していただき、大満足の脇田さんでした。

脇田さんごちそうさまでした!

ステーキ&ワイン いしざきの店舗情報

店名 ステーキ&ワイン いしざき
住所 札幌市中央区南4条西3丁目 ニュー北星ビル 4F
電話番号 011-222-0298
営業時間 月~土 17:00~23:30(L.O.23:00)
祝 日 17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜※年末年始/GW
平均予算 18,000~22,000円

↓お店の情報はこちらでも紹介しています。このほかにも美味しいメニューがたくさんあるので、ぜひご覧ください!

 

ar magazineでは店舗様からの取材依頼を受け付けています。
取材ご希望の店舗様は

上記QRコードを読み込んで作成されるメールに
「店舗名」と「ご担当者様のお名前」を入力してメールを送信ください。




関連記事

  1. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。【鉄板焼き編】

  2. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.3【極上のマリアージュ編】

Translate »