減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」さんのテイクアウトを食べてみた

ar magazineでは現在の日本の状況を受け、テイクアウト対応店舗のページを開設。
テイクアウトメニューをエリア・ジャンルごとに検索できます。

今回は、「匠鮨」さんのお寿司をテイクアウトし、実際に食べてみました!

匠鮨さんへ

事前に電話予約を」とのことでしたので、午前中に電話をし、12時ごろ無事引き取りを完了しました。

いざ実食!

テイクアウトしたのはにぎりの「桃」。現在テイクアウトは2割引きですので入れ物代含めても1,000円以下
かなりお得です。

しっかりした入れ物です。高級感がありますね。

全部おいしい。

ネタの質が高すぎる。なにより最高だったのがマグロでした。こんなに上質なお寿司を気軽にテイクアウトできるなんてすばらしいです。

しっかりめのシャリが大変好み。巻物は梅しそで、いい塩梅の酸味でした。

お吸い物がついているのもうれしいポイントでした。

ごちそうさまでした!

テイクアウト対応について

◎電話番号/011-272-3660
※事前に電話で予約をお願いします。

◎引き取り/店舗のみ
※住所 札幌市中央区南2条西7丁目 第3サントービル B1F
※営業時間 11:30~22:00 日曜定休

この記事を書いたひと:めいちゃん
取材・ライティング担当。
2020年3月、北海道フードマイスター試験に合格!
フードマイスターとして北海道の食材の魅力を伝えていきたいと思います。

関連記事

  1. 落ち着いた店内でラクレットとシチューをいただける店「シチューとラクレットの店 cocotte(ココット)」

  2. 夜も営業の、酒飲み想いの蕎麦屋。「地酒と手打蕎麦 しの崎」

  3. 素材を活かした天ぷら専門店「天ぷら こばし」

  4. ドイツ人シェフ マーカス・ボスさんに誘われてアップルワインを飲みに行ってみた。

  5. 札幌を代表する感動フレンチ「hofe(ホフ)」

  6. 南イタリア料理を堪能できる人気店「RICCI cucina ITALIANA」

  7. 燻りチャーシューカレー専門店「カレー道場 黒帯」

  8. La Giostra(ラ・ジョストラ)

  9. ”ここでしか食べられない”オリジナル創作料理の店「WORLD JAPANESE FOODIN’ EN(エン)」

Translate »