北海道食材に拘ったイタリアの郷土料理が味わえる店「Trattoria Semina(セミーナ)」

すべてにこだわり抜いた北イタリア料理を提供

2017年5月にオープンした「Trattoria Semina(セミーナ)」は、本場の味を取り入れたイタリアンだ。
シェフの田中さんは東京・札幌でイタリアンを学び、前菜からデザートまですべてひとりで提供できるようになったあとに、本場で今までの技術を「おさらい」するためにイタリアに向かった。
日本では南イタリアの料理を中心に学んでいたため、修行先は北イタリアを選んだ。ヴェネチアを州都とするヴェネト州の中ほどにある店に一年間勤め、周辺の店に積極的に足を運び、北イタリア料理と文化・風習を吸収し帰国。西8丁目に自身の店を構えた。

メニューは北イタリア料理がメインで、郷土料理を再現したものや、日本で学んだ技術を活かしたものが並ぶ。季節によってメニューに使う食材を変えるなど、旬も取り入れつつ、食材の持つ味を生かすためのひと手間や、イタリアの水に近づけるためににがりを加えてパスタを茹でるなど、日本で本場の味を再現するためのアイディアを加えており、Semina独自の一品がいただける。
パスタの種類は、料理の内容に合わせてイタリア産の乾麺か北海道産小麦の手打ち麺を使用。乾麺はさっぱりとした味に合うしっかりとした食感が、手打ち麺はもちもちとしており煮込み料理などに使われている。

食材は可能な限り北海道産を使用し、仕入れ先も知り合いからの紹介や自ら吟味したものなど、厳選したもののみを使っている。
人気メニューは「余市、北島さんの麦豚のプロシュートコット(ボイルハム)砂川三谷さんのリンゴのソテー」、「上士幌村上農場の本金時と滝川産もち麦のフリウリ風ミネストラ“オルツォ エ ファジョーリ”」、「セミーナ名物!余市北島さんの豚肉の大きなサルシッチャのロースト」など。
一品目は、田中さんがイタリアのトラッテリアで感動した味を再現したメニュー。質の高い麦豚をボイルハムにし、優しい味わいのリンゴのソテーとフリウリでもよくつかわれる山わさび添えた。二品目は、北イタリアの郷土料理である麦と豆のスープ。ほぼ豆から出た水分を活かしたとろみのあるスープと、もちもちの麦の食感が特徴の一品だ。三品目は腸詰したあとボイルするのではなく火にかけて仕上げ、手でミンチにしたことにより残っている肉の食感がジューシーなボリューム満点の自家製生ソーセージだ。

北イタリアを堪能できる店

ワインの銘柄はイタリアのものがメインで、ボトルで3,000円前後から、グラスは赤・白それぞれ4種650円ほどから、泡も二種提供している。イタリアでは、州によって採れるぶどうの種類が決まっており、州外でそれを使ってワインを作ることが禁じられているため、地域に根差した味がある。Seminaでは、グラスでも産地の違うイタリアワインを取り扱っているため飲み比べが可能なのが特徴だ。イタリア以外だと少数北海道産のワインを用意しているが、雪まつりのシーズンを機に数を増やすことも検討しているとのこと。

また、料理やワイン以外でも北イタリアを楽しめる試みを実施している。それが「バーカロ」だ。バーカロとはヴェネチアに存在するシステムで、手でつまめるような小さいおつまみ(チケッティ)とグラスワイン(オンブラ)が提供されるという、ちょい飲みが楽しめる仕組みのこと。ヴェネチアではバーカロを行っている店が多く、田中さんも現地で何店舗もハシゴして楽しんだ経験があり、自身の店でもやりたいと考え、夏限定で店の一部をバーカロスタイルにした。料理は全品500円で、通常より少な目のグラスワインを用意。たくさんのひとにこのバーカロを体験してもらいたいという思いから、今後も機会を見て行っていきたいと考えているとのこと。

「Smina(セミーナ)」とはイタリア語で「種まき」という意味。以前同じ場所にあり、田中さんも勤めていたイタリアン「Sagra(サグラ)」は「村の収穫祭」を意味しており、村で実った食材を使った料理を楽しむ収穫祭を終えた後に種をまき、新たなものを実らせたいという思いが込められている。

「Trattoria Semina(セミーナ)」に足を運んでみれば、田中さんが日本とイタリアで培った技術を活かし実らせたイタリアンの虜になること間違いなし。ぜひ一度、味わってみては。

マップ

主なメニュー

フード

北海道産野菜のシンプルなサラダ 700円
滝川産合鴨の自家製生ハム 1,200円
上士幌村上農場の本金時と滝川産もち麦のフリウリ風ミネストラ“オルツォ エ ファジョーリ” 1,000円
余市、北島さんの麦豚のプロシュートコット(ボイルハム)砂川三谷さんのリンゴのソテー 1,100円
レモンのスパゲッティーニ 1,100円
今金産ソガイさんの自家栽培のナスのトマトソース スパゲッティー 1,300円
セミーナ名物!余市北島さんの豚肉の大きなサルシッチャのロースト 1,700円
白糠産エゾシカのロースト 余市の巨峰“たかすみ”のソース 2,200円
シェフ、思い出の“グバーナ”※フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の“チヴィダーレ”という街の郷土菓子 650円
北海道産チーズの盛り合わせ 1,500円~

コース

おまかせコース小さな前菜/前菜盛り合わせ/パスタ/パスタまたはリゾット/セコンドピアット(メインディッシュ)/ドルチェまたはチーズ/パン、食後のお飲み物 5,000円

ドリンク

グラスワイン(泡・白・赤) 650円~
ボトルワイン 3,000円前後~
店名 Trattoria Semina(セミーナ)
住所 札幌市中央区南1条西8丁目20-1 ライオンズマンション小六ビル 1F
電話番号 011-219-4649
営業時間 ランチ
平日 12:00~14:00(L.O13:00)/土日祝 12:00~15:00(L.O.13:30)
ディナー
17:30~24:00(L.O.24:30)
定休日 不定休
平均予算 ランチ:1,000円/ディナー:5,000円前後
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、グラスワインを1杯サービスいたします。
他券併用不可
Trattoria Semina(セミーナ)
QRコード

関連記事

  1. スパイス、食材にこだわったスープカレー 「kanakoのスープカレー屋さん」

  2. 近江軍鶏の焼き鳥と、上質な蕎麦をじっくり堪能できる店 「直(じき)南2条店」

  3. 熟練の寿司職人が握る匠の味を堪能できる「匠鮨(たくみずし)」さんに行ってみた。

  4. 男のイタリアン屋台 suEzou (すえぞう)

  5. フィレンツェで腕を磨いたシェフが手がけるイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」

  6. ススキノの人気イタリアン「オステリア タッキーニ(Osteria Tacchini)」に行ってみた。

  7. イタリアン・フレンチを取り入れた新感覚餃子を堪能できる店「餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)」

  8. 北海道の食べる・飲む!「HOKKAIDO 和食七輪 ひやまる」

  9. La Notte Luna(ラ ノッテ ルーナ)

  1. 2022年9月1日に移転オープンした人気フレンチ「tire bouchon(ティ…

    2022.09.30

  2. 上質な料理と厳選日本酒を堪能できる「味和久(みわく)」に行って…

    2022.09.29

  3. さっぽろオータムフェスト2022+狸COMICHIに行ってみた。

    2022.09.13

  4. 人気のビストロ「Bistro酒場 REPOS(ルポ)」に行ってみた。

    2022.09.09

  5. 2022年8月30日OPENの「狸COMICHI(タヌキコミチ)」に行ってみた。

    2022.09.08

  1. 白石エリアの人気立ち飲み屋「立喰酒場Choi 南郷店」

    2022.07.06

  2. 澄川エリアで飲むならここ!「立喰酒場Choi 澄川店」

    2022.06.24

  3. 円山エリアに立ち飲み屋がオープン!「立喰酒場Choi まるやま店」

    2022.06.17

  4. そばちょこのおつまみとお酒を楽しむ客でにぎわう酒場「こつまみ酒…

    2019.12.10

  5. 毎日立ち寄りたくなる立ち飲み酒場 「立喰酒場Choi 36店」

    2019.12.09

  6. 燻製・発酵料理が楽しめる酒場「いぶしかもし酒場Choi」

    2019.02.28

  7. 何度も足を運びたくなる大衆酒場「大衆餃子酒場Choi」

    2017.02.16

  8. 居心地の良さと上質なフレンチが堪能できる店 「立喰酒場Choi 北2条…

    2016.06.09

  9. アットホームな「おでん酒場」 おでん酒場 Occhi

    2015.11.19

  10. 燻製×酒を楽しめる創成川イーストゾーンの人気店! 「くんせいとお…

    2015.04.07

Translate »