「ビストロ・サンミ (BISTRO SANMI)」に行ってみた。

この記事を書いたひと:すがちゃん
ar magazine編集長。
室蘭出身のしし座のAB型。
子供の頃から料理を作るのが好きで、シェフの方たちをリスペクトしています。

フレンチを味わいたくて「ビストロ・サンミ」さんに行ってきた。

フレンチを味わうので「スペシャルコース」(4,000円)を注文。
最初の飲み物は、クラフトビールのグランドキリンIPL(550円)
クラフトビールは当り外れが多いという信念があるので、なかなか冒険が出来ず、
一番無難な「キリン」のクラフトビールを選択。

一皿目。
フクラギのカルパッチョ
網走のワカサギのフリット
自家製ベーコン

どれも美味しいが、「自家製ベーコン」は分けてもらいたいぐらい美味しかった。


続いて出てきたのが、パン。
ドライフルーツなのか、リンゴ等が入り、とても美味しい!


サツマイモのスープ
甘みのなかにスパイシーな旨味が引き立っていた。


ここで飲み物を白ワインに変更

だって魚料理が来るからね。

羅臼のシマゾイ メリケーヌソース
見た目がフレンチ。味もフレンチ!

トマトソースが絡んだ知床地鶏のロースト。
上品なトマトソースが鶏肉に絡んで美味しかった。

最後に、ガトーショコラがデザートとして出てきた。美味しい!

街のビストロでフレンチを味わうのも悪くないと思った一夜だった。

2020年1月24日訪問

 

関連記事

  1. 優しい味わいの自然派中華をワインとともに味わえる店「中国料理 月下翁(GEKKAOH)」

  2. 厚岸出身の店主が営む、厚岸の新鮮な食材が堪能できる店。「カキ料理 貝鮮炭焼 大厚岸」

  3. 北海道民の舌に合う、KURURI独自の博多料理を味わおう「野菜串巻き製作所 KURURI(くるり)」

  4. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」のテイクアウトを食べてみた

  5. こだわりは秘伝のタレ!上質なラム肉のあっさりジンギスカン 「ヤマダモンゴル 狸小路店」

  6. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.5【悠龍で小皿中華編】公開!

  7. 「ワイン酒場アルト」に行ってみた。

  8. 日本酒もおつまみも一律500円!全国の純米酒を楽しめる立ち飲みバー「純米酒専門 YATA(ヤタ) 札幌狸小路店」

  9. 「日本酒ゴーアラウンド2019 in札幌」に行ってみた。

Translate »