年末にまた江別の「Brick Party」へ行ってきた。

 

この記事を書いたひと:サイトウ
サイトの運営・管理担当。旭川出身のしし座のA型。
40代に突入し、アルコールへの耐性が低下しつつも日々取材にはげんでいます。

 
こんにちは!スタッフのサイトウです。

あけましておめでとうございます。今年もar magazineをよろしくお願いいたします。
(とはいえ2020年もすでに1月も半ばを過ぎてしまい、年始のご挨拶には随分遅くなってしまいましたが…)

さて、去る2019年末、江別で行われた「Brick Party vol4」に行ってきました。

Brick Partyとは。

「Brick Party」は、江別在住の有志のDJ(本業はデザイナーや農家さん、工務店の代表など)によって開催されているイベントです。
以前江別蔦屋書店で行われた「EBETSU BEER HALL」の、本体イベントですね。

日中からのスタートだったり、完全禁煙だったりと、一般的なクラブパーティのイメージとはちょっと異なる、子供連れでも楽しめるやさしい音楽イベントです。

Brick Partyは今回で4回目、江別市は野幌にある「Bee Shrimp & Cafe kokomoca」さんにて開催されました。

今回の目玉はMC松島さんのライブ。

MC松島さんは札幌でRefgee Campというグループやソロで活動しているラッパーで、
今流行のMCバトルのメジャーな大会にも多数参加、優勝などもしているアーティストです。

かねてより彼のユニークでかっこいいスタイルが好きでチェックしていたサイトウ。
今回はそんなMC松島さんがBrick Partyでライブをするということで、楽しみに江別へ向かいました。

いざ野幌へ。

雪の12月28日、JRで向かったのは野幌駅。
駅を出て左手に少し行くと、会場のkokomocaさんがありました。

普段はカフェ・バーとして営業しているお店だそう。

さっそく入場。
入場料は500円(安い!)
今回はTシャツ付2500円のチケットも用意されていたので、サイトウはこちらでお邪魔しました。

ゲットしたTシャツはこちら。

Tシャツがもらえてイベントも楽しめるなんて、お得。。!

中に入るとすでにほぼ満員状態
20時頃の入店でしたが、お子さんもいてとても楽しそうな雰囲気でした。

5人のDJが交代で曲をかけている時間帯。

札幌からの電車移動で冷えた体にウィスキーを3連発。

さらにクラフトビールのお店NORTH ISLAND BEER(商品のクラフトビールは江別で製造)とkokomocaがコラボした限定ビール「mocAle(コーヒーテイストのクラフトビール)」もいただき、体を温めます。

ライブスタート。サプライズのコラボも。

いい感じで酔いもまわってきたころにMC松島さんが到着
ふらっと正面入り口から入ってきて、早々にライブがスタートしました。
ゆるくていい感じです。

ライブは流石のパフォーマンスで、5曲ほどを演奏。会場はとても盛り上がっていました。

アンコールではCity Your Cityのk-overさんとの即興コラボもプレイ。
サイトウもノリノリで楽しみました。

そして急遽決定したCity Your Cityのk-over(下写真右)さん、小樽在住のアーティストfurui riho(下写真左)さんのライブ。

こちらの曲を披露。
おしゃれなサウンドとパワフルな歌声にさらに盛り上がる会場。

盛りだくさんのライブは大盛況のうちに終了となりました。

ライブ後、MC松島さんは普通に会場でお客さんと会話をしていて、一緒に写真も撮ってもらえました。

楽しい時間はあっという間で、サイトウは22時過ぎに会場を後に。
帰りは温まったまま札幌まで帰ることができました。

Brick Partyはファミリーフレンドリーなイベント。

公共交通機関のある時間帯のうちにスタート〜クローズするBrick Partyは帰りの電車の心配もなく安心、
主催の方達のウェルカムな雰囲気でアウェイ感なく楽しめる素敵なイベントでした。

主催メンバーの一人、ヤマザキケイタロウさん(上写真)によると、Brick Partyは今後も定期的に開催を予定しているとのこと。

楽しかったので次回もぜひ遊びに行きたい思います!

関連記事

  1. 劇団イナダ組の舞台「カメヤ演芸場物語」を観に行ってみた。

  2. 2020年4月1日オープン!鈴木徳太郎商店の系列店「中華や徳福」さんのテイクアウトを食べてみた

  3. 燻製・発酵料理が楽しめる酒場「いぶしかもし酒場Choi」のテイクアウトを食べてみた

  4. 本格北インドカレー「未来カレー こりす」のテイクアウトを食べてみた

  5. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」さんのテイクアウトを食べてみた

  6. クラアク芸術堂の舞台「汚姉妹 −呪われた少女−」を観に行ってみた。

  7. 南イタリア料理を堪能できる人気店「RICCI cucina ITALIANA」さんのテイクアウトランチを食べてみた

  8. カジュアルフレンチ「Millau(ミヨー)」さんのテイクアウトメニューを食べてみた

  9. ドイツ人シェフ マーカス・ボスさんに誘われてアップルワインを飲みに行ってみた。

Translate »