ジンギスカンへの並々ならぬこだわりを持つ、牧場直営ジンギスカン店 「ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』」

北海道産羊肉専門のジンギスカン店はここ一軒だけ!

北海道全域は勿論のこと、近年は本州にもオープンしており、今や全国に1,000軒以上もあるジンギスカン店。その中でも「ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』」は、唯一「北海道産羊肉専門」のジンギスカンとして人気を博している。

使用している羊肉は、脂に甘みが感じられる「北海道産サフォーク」。日本国内で消費されている羊肉は99.5%が輸入で、残りの0.5%が国内産。「北海道産サフォーク」はその0.5%の中でも2%しか存在しておらず、あまりの稀少さから幻と言われるほど。
「いただきます。」では、そんな「幻の北海道産サフォーク」を北海道由仁町の自社牧場で飼育し、併設している食肉加工所にて温度管理にこだわった冷蔵庫で熟成させており、味・新鮮さ共に上質な肉を作り上げている。

ジンギスカンへの熱い思いによって生まれた店

牧場直営で一頭丸ごと提供できるため、「ジンギスカン(980円)」などのメインメニューのほか、他店ではなかなか見られない「ひつじのレバー(980円)」、「タン(1,550円)」、「ロース(1,790円)」などの非常に珍しい部位が豊富で、人気の要因のひとつとなっている。*価格はいずれも税別

タレは「ジンギスカンのタレ」の発案者である近藤知彦さんが監修した、「北海道産サフォーク」に最適の一品。他にも塩や塩胡椒とレモンなどでいただくことも提案しており、最近では肉の旨味を味わえる「塩胡椒」の人気が急増しているのだとか。

一階のコの字型のカウンターはログハウスのような雰囲気で、ゆったりとジンギスカンを楽しめる作りになっている。二階には個室(予約制)があり、まわりに気兼ねなく食事を楽しめる。

構想25年、調査18年という長い年月に加え、「ジンギスカン店を開くため」に羊飼いになるなど、オーナのジンギスカンへの並々ならぬこだわりが詰まった「ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』」で、熱い思いがこめられた上質なジンギスカンをいただいてみては。

マップ

主なメニュー

フード

ジンギスカン 980円
ロース 1,790円
ひつじのレバー 980円
タン 1,550円
ハチノス 1,550円

ドリンク

ビール、日本酒、ワインなど各種取り揃え
店舗情報
店名 ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』
住所 札幌市中央区南5条西5丁目1番地6(東向き一軒家)
電話番号 011-552-4029
営業時間 月~土 11:30~03:00(L.O.02:30)
日・祝 11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 無休
平均予算 1,000~2,000円/2,000~3,000円
ARマガジン限定クーポン

スマホでご覧の方はこの画面を店舗スタッフにご提示ください。
PCでご覧の方はQRコードを読み込んでクーポンをGET!

クーポンをご提示で、「羊飼いのクッパ」をサービスいたします。
他券併用不可
ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』
QRコード

関連記事

  1. 2018年9月オープン!落ち着いたエリアで、ゆっくりと寿司やつまみを味わえる店「すし たけ田」

  2. 地下鉄直結の通いやすい立ち飲み屋「ちょっとばぁ」

  3. カジュアルフレンチ「Millau(ミヨー)」さんのテイクアウトメニューを食べてみた

  4. CANTINETTA SALÙS(カンティネッタ サリュ)

  5. 幅広い層が楽しめるおでん処「おでん処 わんらうんど」

  6. メイン料理とイタリアンワインを楽しめるバル「Italian Bar UNO(ウーノ)」

  7. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lumaca(オステリア ルマーカ)」

  8. 優しい味わいの自然派中華をワインとともに味わえる店「中国料理 月下翁(GEKKAOH)」

  9. 「日本酒バル sizucu(しずく)」の人気コースを食べてみた。

  1. 2022年1月OPEN!「立喰酒場Choi まるやま店」に行ってみた。

    2022.05.20

  2. 2022年3月OPEN!「焼き鳥とイタリアン Osteria arcobaleno(オステ…

    2022.05.11

  3. 季節を感じるイタリアンと厳選ビオワインが味わえる店「Osteria Lum…

    2022.05.02

  4. ビオワインと共にイタリアンを味わえるお店「Osteria Lumaca(オス…

    2022.04.21

  5. 全国各地の食材を使った料理と珍しい日本酒が味わえるお店「六然(…

    2022.04.13

  1. 日常の特別感を演出する、絶品フレンチ「tire bouchon(ティルブシ…

    2020.03.05

  2. 目と舌で楽しむ至福のフレンチ「フランス料理 トリアノン」

    2020.03.03

  3. フレンチをスタンダードに。「Millau(ミヨー)」

    2019.07.26

  4. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」

    2016.06.14

  5. 和テイストが加わった新感覚フレンチを味わえる店 「Bistro酒場 REP…

    2015.04.28

  6. 料理とワインが楽しめる隠れ家的ビストロ「BISTRO SANMI(ビストロ…

    2014.05.22

Translate »