南イタリア料理を堪能できる人気店「RICCI cucina ITALIANA」さんのテイクアウトランチを食べてみた

ar magazineでは現在の日本の状況を受け、テイクアウト対応店舗のページを開設しました。
テイクアウトメニューをエリア・ジャンルごとに検索できます。

テイクアウト情報の発信にあわせ「実際に食べてみた」企画も開始し、第一弾は「Millau」さんのメニューをテイクアウトしました。
第二弾の今回は、人気イタリアン「RICCI cucina ITALIANA」さんのランチセットをテイクアウトし、実際に食べてみました!

RICCIさんに注文&引き取り

当日30~40分前までの電話予約で対応してくださるとのことでしたが、念のため前々日に電話で予約をしました。

11:30~14:30までの引取りとのことで、11:40ごろにお伺いすることにしました。

商品は税込1,000円。パスタにサラダ、フォカッチャがついていてこのお値段はうれしい!

無事引き取りを完了しました。

いざ実食!

今回はar magazineスタッフでいただきました。


海外ドラマでよく見るやつだ!
(※今回はたまたまこの入れ物で、普段は一般的な黒いプラスチック容器で提供しているとのことでした。)


パスタもフォカッチャも出来立ての状態でした。


パスタはその日のおまかせとなっており、この日は「ナスとチーズ トマトソース」「タコとふきのとう トマトソース」の2種。
私は「タコとふきのとう トマトソース」のほうをいただきました。

何度かお店でいただいていたので知っていましたが、やっぱりRICCIさんのパスタは美味しい!

受け取る前に「タコはパスタの上に何切れか乗っかってる感じかなあ」と思っていたのですが、まさかのミートソースのようにパスタ絡んでいるパターン。こういう使い方もあるんですね…

ふきのとうの山菜独特の苦みがアクセントとなっていました。

出来立てのフォカッチャの外カリカリ・中モチモチ感もすばらしい。

量もボリュームがあり、大満足のランチとなりました!

テイクアウト対応

◎電話番号/011-280-4700
※当日30~40分まえまでの電話予約が必要。
※お店の混み具合によっては対応が難しい・遅くなることもあるかと思われますので、事前に電話などでの確認をお願いいたします。

◎引き取り/店舗のみ
※11:30~14:30

お店の営業について


※4月15~24日まで営業を自粛
※すでに予約がある15・17・24日のみの営業(テイクアウトも対応)

共同緊急事態宣言を受けて自粛を決断されたとのことですが、
GWにはご家族でお楽しみいただけるようなオードブルやテイクアウトの準備をしております。
とのことです。

オードブル・テイクアウトの内容がわかり次第、テイクアウト対応店舗のページでご紹介させていただきます!

この記事を書いたひと:めいちゃん
取材・ライティング担当。
2020年3月、北海道フードマイスター試験に合格!
フードマイスターとして北海道の食材の魅力を伝えていきたいと思います。

関連記事

  1. 日本初の「文壇ビストロ」「ELSKA(エルスカ)」のテイクアウトを食べてみた

  2. 寿司×イタリアン×バーのコラボが楽しめる店「すしBAR」

  3. 豊富なワインを存分にいただけるワインバー 「PINOT(ピノ)」

  4. 食事も、カフェ使いも、パーティも!「 カレー&ごはんカフェ ouchi(オウチ)」

  5. 演劇公演を控える脇田唯さんに、いぶしかもし酒場Choiで話を聞いてみた。

  6. 桜海老のかき揚げ

    「天ぷら こばし」に行ってみた。

  7. 塩麹メニューと日本酒が楽しめる店 「味和久(みわく)」のテイクアウトを食べてみた

  8. 南イタリア料理を堪能できる人気店「RICCI cucina ITALIANA」

  9. 北海道の各地を旅行しているような気分で食事が出来るハンバーグ店 「Hamburg Steak North Continent -MACHI NO NAKA- (ノースコンチネント)」

Translate »