エルスカさんに行ってみた。

パイ生地の包み焼き
この記事を書いたひと:すがちゃん
ar magazine編集長。
室蘭出身のしし座のAB型。
子供の頃から料理を作るのが好きで、シェフの方たちをリスペクトしています。

昨年秋に食した「白身魚のパイ生地包み焼き」の感動を伝えたくて、家族で訪問。

#予約時に判明したのだが、「白身魚のパイ生地包み焼き」は現在、
#メニューからは消えていて、今回は特別にご用意していただいた。

まずは、ビール。
ビール
ここのビールは「エビスビール」なのだが、とにかく美味しい!!

一皿目に出てきたのが「ピーマンのテリーヌ」
ピーマンのテリーヌ
子供が苦手な野菜の代表格のピーマンだが、「エルスカ」さんの手にかかると美味しい一品に仕上がる。
秋に食した「かにと人参のテリーヌ」も、”人参”という苦手なものを持ってこられたが、人参の臭みとかは無く、とても美味しかった。

唯ちゃんの撮影の時に頂いていた、熊の最中に入ったポテサラを注文。
ポテサラ
正式名称は「スモークサーモンのポテトサラダ最中」。
楽しい料理!!

魚料理にチョイスしたのが「タチの料理」
タチの料理これまた、美味しい。
ジャガイモのパリパリ感たまらない。

なんか、すごい洗練された「ラザニア」
#写真紛失
クミンの香りが心地よく、美味しい。

何を頼んでも、驚く美味しさが途絶えないのが凄い!

ワインメニューを見ていて、オーナーが1984年生まれであることに気が付く。
何気にトイレの棚にジョージ・オーウェルの「1984年」の本が置かれているのはそのためか!!
最近口癖の「スッキリとしたワイン」を頼んだら出てきた3本の中から、定番のイタリアのワインを注文。美味しかった!!
ワイン

いよいよ、鯛のパイ生地包み焼きが登場。

Exit出は無いが、マジ美味い
前回のパイ生地は既製品の物だったが、今回は特別に手作りでパイ生地を用意してくれたとの事。
感動!感動!
本当に、食べれて良かった。

最後は、
「ウズラのロースト お米を抱きしめて」
ネーミングも小洒落ている。

写真を取り忘れたのが残念。

2020年1月25日 訪問

 

 

 

関連記事

  1. フィレンツェで腕を磨いたシェフが手がけるイタリアン「DUEGATTI(ドゥエガッティ)」

  2. フルーツづくしの人気店「果実倶楽部818」

  3. 日本酒もおつまみも一律500円!全国の純米酒を楽しめる立ち飲みバー「純米酒専門 YATA(ヤタ) 札幌狸小路店」

  4. 脇田唯の、夕方一杯、ハシゴ酒。Vol.5【悠龍で小皿中華編】公開!

  5. フレンチを楽しみながら文学に触れられる”文壇ビストロ”「ELSKA(エルスカ)」に行ってみた(コース編)

  6. 東京の屋台の味を体験できる店 「おでん酒場 赤とんぼ」

  7. お家でお店の料理を食べよう!テイクアウト情報~第3弾~

  8. 「すし六法」に行ってみた。

  9. 自家燻製を味わえるワイン酒場「ワイン酒場 タスク」

Translate »