絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO(アルト)」に行ってみた(贅沢晩餐会編)

この記事を書いたひと:すがちゃん
ar magazine編集長。
室蘭出身のしし座のAB型。
子供の頃から料理を作るのが好きで、シェフの方たちをリスペクトしています。

ALTOさんで密にならない食事会があるからと誘われ、行ってきました。

自分的にタイトルは「贅沢晩餐会」。

少しだけお洒落にして行ったつもりですが、さりげないので、誰にも気が付かれなかった模様。

ちょっとしたアミューズ。
ちょっとではない!?
最近ALTOさんのお通しのレベルが上がったと思っていたが、その集大成のよう。
左から2つ目は「もも」です。

ALTOさんは桃とか柿とかの使った一味の違う前菜を「私には」出してくれます。

メロンを生ハムで巻いて食べるだなんて、久しぶり!!

で、こちらが前菜。

左奥が「蕪のムース」上にコンソメのジュレが乗っていて、雲丹も入っていて、トリフオイルも入っているらしい!!
右奥がトウモロコシのポタージュ。味が濃厚。
左手前がカニクリームコロッケ。下にあるアメリケーヌソース風のソースも贅沢。
右手前は見たままの牡蠣。きっとかなり良い牡蠣。

これだけでワイン1本空けれる!

それぞれのアップでした。

店主曰く「こんなに贅沢なパスタは作ったことが無い」というパスタはペスカトーレ。
魚介の旨味がギューッと詰め込まれていて、ソースの旨味が濃くて、
追いパスタしたくなった。

高そうなワインも出てきました。

どうして並べて撮ったのかは覚えていません。(;^_^A

本日のメインです。
贅沢晩餐会のメインです。

道産豚の煮込み。
肉がほろほろしていて、旨味が浸み込んいて、美味しかったぁ!

白老牛のローストビーフ。
最近は自宅でもローストビーフを作ることがあるけど、
プロが良い食材で作ったものは違いますね。

滝川産の鴨のロースト。
お馴染みの滝川産の鴨肉ですが、バルサミコ酢がマッチしていて美味しかった。

ご馳走様でした。

 

関連記事

  1. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO(アルト)」に行ってみた(コース編)

  2. イタリアン・フレンチを取り入れた新感覚餃子を堪能できる店「餃子とワイン 果皮と餡(kawa to ann)」

  3. 創業三十二年の隠れ家。札幌老舗ワインダイニング 「モンティパイソン」

  4. 絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO」のテイクアウトを食べてみた

  5. お家でお店の料理を食べよう!テイクアウト情報~第1弾~

  6. 江別蔦屋書店のイベント「Ebetsu Beer Hall」へ行ってみた。

  7. 燻りチャーシューカレー専門店「カレー道場 黒帯」

  8. 細やかなこだわりが光る上質な寿司が堪能できる店 「だん欒(だんらん)」

  9. 落ち着ける店内で、中国料理×ワインを楽しめる店「中国料理&ワイン yinzu」

Translate »