絶品イタリアンとワインが楽しめる人気店「ALTO(アルト)」に行ってみた(贅沢晩餐会編)

この記事を書いたひと:すがちゃん
ar magazine編集長。
室蘭出身のしし座のAB型。
子供の頃から料理を作るのが好きで、シェフの方たちをリスペクトしています。

ALTOさんで密にならない食事会があるからと誘われ、行ってきました。

自分的にタイトルは「贅沢晩餐会」。

少しだけお洒落にして行ったつもりですが、さりげないので、誰にも気が付かれなかった模様。

ちょっとしたアミューズ。
ちょっとではない!?
最近ALTOさんのお通しのレベルが上がったと思っていたが、その集大成のよう。
左から2つ目は「もも」です。

ALTOさんは桃とか柿とかの使った一味の違う前菜を「私には」出してくれます。

メロンを生ハムで巻いて食べるだなんて、久しぶり!!

で、こちらが前菜。

左奥が「蕪のムース」上にコンソメのジュレが乗っていて、雲丹も入っていて、トリフオイルも入っているらしい!!
右奥がトウモロコシのポタージュ。味が濃厚。
左手前がカニクリームコロッケ。下にあるアメリケーヌソース風のソースも贅沢。
右手前は見たままの牡蠣。きっとかなり良い牡蠣。

これだけでワイン1本空けれる!

それぞれのアップでした。

店主曰く「こんなに贅沢なパスタは作ったことが無い」というパスタはペスカトーレ。
魚介の旨味がギューッと詰め込まれていて、ソースの旨味が濃くて、
追いパスタしたくなった。

高そうなワインも出てきました。

どうして並べて撮ったのかは覚えていません。(;^_^A

本日のメインです。
贅沢晩餐会のメインです。

道産豚の煮込み。
肉がほろほろしていて、旨味が浸み込んいて、美味しかったぁ!

白老牛のローストビーフ。
最近は自宅でもローストビーフを作ることがあるけど、
プロが良い食材で作ったものは違いますね。

滝川産の鴨のロースト。
お馴染みの滝川産の鴨肉ですが、バルサミコ酢がマッチしていて美味しかった。

ご馳走様でした。

 

関連記事

  1. 「日本酒ゴーアラウンド2019 in札幌」に行ってみた。

  2. 料理、酒にこだわった和ダイニング 「創作・和ダイニング はる」

  3. 東京の屋台の味を体験できる店 「おでん酒場 赤とんぼ」

  4. 独自の中華を、ワインとともに。「チャイニーズバル マルク」

  5. 日本酒もおつまみも一律500円!全国の純米酒を楽しめる立ち飲みバー「純米酒専門 YATA(ヤタ) 札幌狸小路店」

  6. パイ生地の包み焼き

    エルスカさんに行ってみた。

  7. サウスウエスト

  8. 江別蔦屋書店のイベント「Ebetsu Beer Hall」へ行ってみた。

  9. French Panda(フレンチパンダ)

Translate »