上質なイタリアンとお酒を楽しめる店「バールトップ」

こだわりぬいたアンティーク調の店内

「バール トップ」は、南イタリア料理を中心に、質の高いイタリアンとお酒を楽しめる店だ。
老舗の喫茶店として長く愛されていた「トップ」を改装し、お酒がすすむ「おつまみ」をメインとしたバルスタイルの店として2017 年7 月にオープン。その後以前残していた喫茶店や姉妹店「イタリアン居酒屋 osteria Crocchio(オステリア クロッキオ)」の雰囲気を一新し、2019 年2 月にリニューアルオープン。新しいコンセプトのもと、シェフである佐藤さんが考案したイタリアンがいただけるお店として新しい「バール トップ」をスタートさせた。

店に入ってすぐにあるのは、インパクト抜群の大きなシャンデリアと扉。代表の児島さんが思い描いたイメージをもとに作り上げられた店内は、ピアノや壁にかけてある小物など、アンティーク調のものが多く並び、独自の雰囲気を作り出している。

南イタリア料理×厳選ワイン

メインは佐藤さんが得意の南イタリア料理。素材を生かしたシンプルな料理が多く、新鮮な魚介を使用したカルパッチョやパスタなどが人気を呼んでいる。

中でもおすすめメニューは「タコの黒オリーブ煮」。バールトップのシェフになるにあたり、佐藤さんが考案した自信作だ。イタリアンで有名なトマト煮ではなくオリジナリティを求め、黒オリーブをチョイス。試行錯誤を重ね出来上がった一品は、口の中でとろけるタコと下に敷いてあるマッシュポテトが相性抜群の、絶品の一皿となっている。
また、以前のような「おつまみ」メニューもあるため、ひとりでふらりと立ち寄る「ちょい呑み」にも対応している。

レギュラーメニューのほかに、旬の食材を使ったおすすめメニューを提供しており、例えば冬~春には菜の花を使ったリゾットなどがいただける。
お酒はワインが中心。ソムリエの水谷さんが厳選した銘柄を、ボトル3,200 円から提供している。数は40 種ほどで、好みや食事に応じたものをチョイスしてくれる。
他にもビールや日本酒、ウイスキーなど多種多様に取り揃えており、様々なお酒を楽しめるように心がけている。

じっくりお酒とイタリアンを楽しむのにも良し、ふらりと立ち寄りカウンター席でちょい飲みするのも良しの「バール トップ」。豊富な料理とお酒を楽しみに、是非足を運んでみてほしい。

マップ

主なメニュー

フード

サバとアボカドのタルタル 700円
タコの黒オリーブ煮 950円
鮮魚のカルパッチョ 焼きナスと山わさび 1,200円
牛肉のジェノベーゼ ナポレターノ パッケリ 1,480円
ニョッキ ゴルゴンゾーラクリームソース 1,300円
ラム肩ロース肉のアロースト バルサミコと粒マスタードのソース 2,000円
カタラーナ/ガトーショコラ/本日のタルト 500円

コース

飲み放題付おまかせコース全8品 ビール付飲み放題120分
※4名様以上/前日まで要予約
5,000円

ドリンク

グラスワイン(赤・白) 550円~
ボトルワイン(赤・白) 3,200円~
自家製サングリア 680円
ハートランド 580円
店名 バール トップ
住所 札幌市中央区南6条西4丁目1-11
電話番号 011-531-6969
営業時間 平日
18:00~25:00(L.O.24:00)
金・土・祝前日
18:00~26:00(L.O.25:00)
定休日 日曜
平均予算 3,500~4,000円

関連記事

  1. 8Ricefield Cafe

  2. ワインと料理を楽しめる人気のワインバー 「コムリエ(Commelier)」

  3. お店でつくった、クラフトビールを。「月と太陽 BREWING」

  4. 新しい焼き鳥スタイル、「焼き鳥ピンチョス」 焼鳥 Ajito

  5. 質の良い料理とサービスが堪能できる人気店 「北の旬楽 いとや(入人家)」

  6. 食彩 ひな

  7. 料理、酒にこだわった和ダイニング 「創作・和ダイニング はる」

  8. 居酒屋 「座・どんと」

  9. 長らくススキノに勤めている女将の、居心地の良い”和み処”「和み処 一意」

Translate »