澤さんに行ってみたヨ!!

 

この記事を書いたひと:すがちゃん
ar magazine編集長。
室蘭出身のしし座のAB型。
子供の頃から料理を作るのが好きで、シェフの方たちをリスペクトしています。

 

ARマガジンで動画の食レポをしてくれている脇田唯さんから、
ひこま豚が食べれるお店があるので是非行ってみてください
と言われたのが昨年の12月。

3月にARマガジンVol.34「フレンチ特集」が無事に発行できたので、
早速ひこま豚の食べられる「澤」さんに行ってみました。

名物が「塩トンカツ」ということで、
「トンカツ屋さん」をイメージしていたのですが、
「澤」さんは上品な「和食屋さん」でした。

先ずはビールをと思い、メニューを見ると「パーフェクト・クラシック」
の文字がある。「プレモル」的なやつかと思って訪ねると
「完璧な樽生ビールを提供する店に対して与えられる認定で、中身は普通のクラシックです」
との事。小さなことを大事にするお店は嬉しくなる。

確かにいつものクラシックより美味しく感じる。

そして本題の「塩トンカツ」。

柔らかくて美味しい。

正式な店名は「ひこま豚とまごころ料理 澤」

お刺身とか魚の煮つけなんかも美味しいお店でした。

ご馳走様でした。

2020年3月13日 訪問

関連記事

  1. 本格中華をバルスタイルで味わえる店「小皿中華のワインバル 悠龍(ユーロン)」

  2. 減農薬米のシャリと、新鮮なネタが自慢!「匠鮨(たくみずし)」

  3. 燻製・発酵料理が楽しめる酒場「いぶしかもし酒場Choi」

  4. 道産そば粉の蕎麦を、ワインとともに。「蕎麦とわいん 関」

  5. 酒好きのための居酒屋「魚菜(ぎょさい)」

  6. 楽しく気軽に鉄板焼を楽しめる店「ステーキハウス ケルン アネックス」

  7. スープカレー GARAKU

  8. 東京の屋台の味を体験できる店 「おでん酒場 赤とんぼ」

  9. 2020年4月1日オープン!鈴木徳太郎商店の系列店「中華や徳福」さんのテイクアウトを食べてみた

Translate »